株式会社アスコットの樹名札

●設置器具

取付が簡単で、樹に優しく丈夫で見た目も美しい設置器具をご用意いたしました。
こちらをクリックすると、設置方法のイラスト入り解説PDFをご覧になれます。

樹名札の設置方法

ベルト(巻き付け式)

ベルト式のメリットとは

 針金やシュロ縄などで樹名札を結束する今までの方式では針金が樹木に食い込み、その生長を妨げる 恐れがありました。
 ベルトは樹木の幹の生長とともに自然に広がって、幹の表面を傷つけません。取付方法も簡単です。 幹の太さに合わせて何本でもつなげることができ、しかもベルトには浮きだし目盛がついているので、 樹木の生長が一目でわかります。
 台風や強風対策として、φ2ミリの穴をあけてあり、直接樹木に固定することもできます。

2種類の太さからお選びください

ベルト式
※幹周りに応じて連結の必要のないロングタイプもご用意できます。お問い合せください。

スタンド式ポール

樹木に合わせて長さを選べるステンレスポール

 一般には低木向けの設置器具ですが、高木や中木にも使用できます。
 ジョイントにステンレスポールを一体化。ポール先端のジョイント部分を「緑の名札」の2箇所の穴に合わせてねじ込むワンタッチ方式です。取り付けやすく、簡単には外れにくいので、いたずらや盗難防止にもなります。
(※取り外し、表示面の交換は可能です)
 また、取り付け角度は45度で大変見やすい設計となっています。
 ポールは全長の3分の1以上を埋めて下さい。
 

ポール
 

アンカー

いたずらに引き抜かれたり、暴風雨による回転を防ぐ場合にお選び下さい。

アンカー
 

設置方法

土が柔らかく、アンカーを使用しない場合は、そのまま土に埋め込むことも可能です。土が固い場合、また、アンカーを使用する場合はスコップなどで穴を掘り(ポールの1/3ほどの深さ)、位置を決めて設置。掘り出した土を少しずつ固めつつ戻してください。

こちらのブログ記事で主に造園業者さま向けの設置法を紹介しています。
スタンド式ポール樹名札の設置方法(玄人向け)
樹名札設置の仕方

※価格表はPDFファイルでもご覧いただけます




5ステップ
メールフォーム

※製品の仕様・価格などは、改善のため予告なく変更する場合があります。